iTune小説お題:NAMAIKI(踊る大捜査線)

本日のお題は、COLTEMONIKHAでNAMAIKIです。
私の中で中田ヤスタカブーム、最後のアルバムCOLTEMONIKHA2に収録です。
っていうか、パフュームほら、itunesに入らないし。(たしかアミューズだから)。
やっぱりマニアックな頃の方が良かったなあぁ………。
LDK頃までが一番良かったと思うよ…たぶん。
っていうか、私はよく言われるんだ、マイナー趣向だよねって。
メジャーになるとスキでなくなる……あぁ、当たってるかも?。
物によるよ~~。

というわけで、踊る書きたーい病を発症してますので、踊るで。
青すみ~~vv。

******
「あぁ~~、なんで青島君が昇進試験受けてるかな」
「そりゃ、ねぇいろいろあるから」
「じゃあ、昇進祝いに」
「何?珍しい、すみれさんがおごってくれるの?」
「まさか、よ、青島警部補。おごってちょうだい」
「いつもと一緒でしょ」
「まぁまぁまぁ、気にしない気にしない。高級イタリアン、予約しておくねぇ~~」
「す、すみれさん。せめてお手軽イタリアンにして」

title:NAMAIKI

 青島君が知らない間に、昇進試験を受けてた!!!
 いつの間に。
 勉強するそんな暇あった?
 って聞いたら
「ないよ、そんなの。すみれさんが一番知ってるでしょ?」
 だって。
 じゃあ、どうやって昇進したの?署長の口利き?あ、分かった。室井さんの口利きでしょう?
「違うって、ちゃんと勉強して、昇進試験うけたの」
 ないって言ったじゃない今。!!!
「こつこつ、こつこつ勉強してたんだよ。毎日毎日一問一問、真下にメールで問題出させて」
 あ、なるほど。
 あんなんでも一応真下君キャリアだもんね。
 一応警部補からだって警部への昇進試験受けてるんだもんね。
 問題内容だってそんな変わらないはずだし。
 そっか、その手があったのね。
「そ、その手。えぇ~って言いながらさぁ。あることないこと雪乃さんにちくっちゃうぞって言ったらまぁ、簡単に毎日メール送ってきたよ。後は魚住係長とかに聞いてさぁ」
 まじめに勉強してたんだ、意外。
「じゃなきゃ受からないから」
 でもさぁ、倍率高いじゃない、昇進試験って。面接もあるわよね。試験合格しても面接に問題児青島俊作が受かるとは思わないわよねぇ。
「警部補の面接は直属の上司だよ」
 うそっ。って事は、やっぱり魚住係長とか袴田課長とか副署長とか署長に口利きしてもらったんじゃないのよ~~~。
「してもらってないって」
 しかも何?4月の人事で青島君が強行犯係の係長だなんて~~。あ~り~え~な~い~!!あたしなんてずっと平なのに~~。
「まぁまぁ、すみれさんの事はオレが養ってあげるからね」
 いや、自分の力で自立する。男に頼るなんて言語道断。
「別に仕事は辞めてって言ってるわけじゃないよ。すみれさんが仕事してる所スキだし」
 ありがとう、青島君。
「ほら、湾岸署からすみれさん居なくなったら、みんな泣くよ?オレも泣くね」
 青島君が泣くのはどうでも良いとして……そうよね、あたし人気者だし~。
「そろそろ祝ってくれないすみれさん」
 いやよ、悔しいもの。
 今まで一緒の階級だったのに、青島君ばっかり先行っちゃってずるい。
「先には行かないよ。ちゃんとすみれさんの隣にいるから。まぁ、守るって決めたから前には行くけどね」
 それ、先に行くって言わない?
「じゃあ、時々、前に行くじゃ、駄目?」
「………………………………………………………………………考えとく」
「すみれさん」
「しゃくだけど、悔しいけど。やっぱり嬉しいから、俊作君、おめでとう」
「ありがとう、すみれさん」

********

…………会話文だけで突っ走りました。
状況は書きたくなかったって言うか。
最後のすみれさんの台詞が物語ってるかなとか。
っていうか、踊る3の青すみは、結婚してる!!!!
っていう大胆予測をつい最近立てました。
この二人どうなったのよ!!!
なんて思いながら最後には言い合ってて
「二人とも、そろそろいい加減に」
「良いんです、夫婦ですから」
って言う会話して欲しい。
それ言っちゃおしまいだよ~っていう空気を湾岸署内に作って欲しい。
それかオチがもう一個。それは後ででいいや。


HTML化するときは……えっと加筆します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック